読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namapi's diary

生活保護受給者の赤裸々告白

脳みそフル回転させてベーシックインカムについて考えてみた

今こそベーシックインカムを導入するべきと主張している私ですが、

どうすれば可能になるか、少ない脳みそであれこれ考えてみた。

 

まず財源として年金と生活扶助を廃止してそれを充てる。

28年度予算を調べると、年金が約11兆5千億、生活扶助が約4兆。

国民約1億3千万人に対して一ヶ月10万円を支給するとして、13兆円。

 

ん?・・・これイケんじゃね?

 

現在の生活保護費は一人世帯で月約8万円+家賃(上限有)

これが二人世帯になると+約4万円。合計約12万円+家賃。(我が家の場合)

何故二人だと4万円しか増えないのか甚だ疑問だが、

そういう決まりだから仕方無い。(自治体によって異なるかもしれない)

 

かたや年金。

母は生前、父の遺族年金と合わせて一ヶ月約15万円程受け取っていた。

母一人だったから15万で十分暮らせたけど、

もし父が生きていたら厳しかっただろう。

 

問題は現在月10万円以上の年金を受け取っている高齢者。(遺族年金含)

これはどうしようもないので、年金から10万円を差っ引いた差額分を

支払うしかないね。

但し、一定の収入が有る高齢者に対しては、

申し訳ありませんが涙を飲んで差額年金はご辞退していただきましょう。

 

でも、一人世帯で高齢或るいは病気等の理由で仕事ができない人に対しては、

家賃補助と医療補助は必要だと思いますが。

 

さて、歳入の方ですが、

ベーシックインカムが導入されれば、当然仕事をしない人も増えるでしょう。

大事な収入源である所得税が減ってしまいます。

人材も不足するかもしれません。

でもそれはあまり心配無いと思います。

おそらく企業側は人材確保のために人件費を上げるでしょう。

介護や教育関係で規制緩和が行われれば、

今まで働けなかった人も就業できるようになるかもしれません。

シルバー人材センターに代わる有償ボランティアなんてのも良いかもしれません。

医療費の個人負担が少しぐらい増えてもきっと大丈夫。

消費税はもうちょっと上げてもいいかもしれません。

 

今の日本は無駄と癒着と忖度でできていると私は感じています。

無駄な仕事や出費が減り、重要な仕事に正当な報酬が支払われ、

一定の生活が保証されたら、もっと純粋に人も企業もそして国も、

成長すると思います。

 

仮に、月10万円貰ったら、一人で暮らすより二人で暮らす方がお得。

当然、一人っ子より子だくさんの方がお得。

人口減少も徐々に改善されるでしょう。

シングルマザーでも教育費の心配をせずに高等教育を受けさせられる。

専業主婦ならぬ専業主夫も選択自由。

きっと待機児童問題も解消されるでしょう。

 

我が家の経済はあまり現状と変わらないけど、

それでも生活保護という、規制に縛られやや後ろめたい気持ちになる状況よりは、

遥かにマシ。(本来は全国民の権利ですが)

 

当然今よりも格差は拡がるでしょう。

でも格差の拡がりはそれ程問題では無いと思います。

誰もが、ご飯が食べれて住む処があって、生きていく事を保証されてさえいれば、

何だかワクワクできる気がします。

 

私の脳みそじゃこの程度しか考えられないので、

色々ツッコミどころが有ると思うけどご勘弁を。

まぁ‥私がこんな事必死で考えてもどうにもならないんですが(汗

 

 

今日も私は生かされています・・・感謝

 

 

 

右か左か・・・

私は日本が好きだ。

普段あまりスポーツに興味は無いけれど、

世界の選手の中で日本人が頑張っていたら応援するし、勝てば嬉しい。

日本の伝統文化が海外で高評価を受けるのは誇らしいし、

そんな事を取り上げるTV番組も好きでよく観る。

日の丸も君が代も厳かなところが日本的で好きだ。

日本に生まれて育ってきたのだから当たり前だと思っている。

 

けれど、だからと言って「私日本人でよかった」とはならない。

きっとアメリカに生まれ育ったらアメリカが好きだろうし、

中国に生まれ育ったら中国が好きだったと思う。

 

愛国心ってそういうもんだと思う。

 

 

今日も私は生かされている・・・感謝

 

今日は憲法記念日

もう何年も前、憲法改正という言葉がメディアにチラホラ出始めた頃、

私は改正に賛成だった。

あの小難しい言葉の羅列が今の時代に合わないのではないか、

誰にでも判り易い今風の文章に変えた方がいいのではないか、

同性婚を認める文言を入れたほうがいいのではないか、

そんな理由から改正するべきだと考えていた。

 

ところが最近になって、これはトンデモなく無知で愚かで

全くトンチンカンな考えだったと自覚した。

 

今、安倍政権(日本会議)が変えようとしているのは、

権力者の暴走から国民を守る為の国民主権である日本国憲法なのだ。

 

頭の悪い私ですら、ほんの少し興味を持ってアレコレ検索しただけで、

今はまだ改憲するべきでは無いと考えるに至った。

 

おそらく私と同じように、あまり深く考えずに改憲に賛成している人は、

意外と多いんじゃないかなぁ?

 

憲法評論家の木村草太さんのお話は凄く解りやすいのでお薦めです。

 

あと、選挙に行かない人達は、

自分は無自覚の自民党応援団なんだという事にそろそろ気がついて下さい。

 

 

今日も私は生かされています・・・感謝

 

 

 

 

ベーシックインカムについて

先日、上杉隆のザ・リテラシーというネット番組で

経営コンサルタント波頭亮さんがベーシックインカムについて

お話されていた。

上杉隆さんという人はちょっと問題有りな感じはするけど、

彼のネット番組、ザ・リテラシーやニューズオプエド、上杉スタイルは

色々学べるのでよく観ている。

 

波頭さん曰く、ベーシックインカムは国民にとってメリットしかない。

でも官僚にとっては差配権という最大の権力が失われてしまうので

そうとうの抵抗があるとの事。

 

私はもう何年も前から、経済評論家の門倉貴史さんの提唱する

ベーシックインカムに大賛成だった。

 

あまり世間には知られていないかもしれないけど、

生活保護需給中は働いてもあまり収入は増えない。

色々優遇されるところは有るけれど、

働いて得た収入は保護費から差っ引かれ、差額分だけが支給される。

仕事をすればその分出費も増える。飲食代やら被服代やら交際費やら諸々。

幾らかの控除は認められているものの、元々が低賃金の仕事なら

働かずに家に閉じこもっている方がマシと考える人が増えてるのも

当然と思える。

世間的にはそのへんのところが、

働けるのに働かないと責められているのだろうと思う。

 

でも、ベーシックインカムなら働けば僅かな収入でも確実に増える。

無理してブラック企業で働かなくてもすむ。

子供が増えれば、生活の為に働く必要も減りじっくり子育てができ、

きっと待機児童も減り、少子化にも歯止めがかかる。

働いたら負けと思ってる人はカツカツの生活に甘んじていればいいし、

経済的に諦めていた夢を実現する事だってできるかもしれない。

やはり波頭さんが仰っていたように、国民にとってはメリットしかないと、

私には思える。

 

財源はどうするかって?

 

昨今の国有財産のジャブジャブ無駄遣いっぷりや、

いいかげんな企業への国費投入っぷりを見れば、

この国には充分財源は有ると思う。

 

 

今日も私は生かされている・・・感謝

 

 

 

介護保険のお話

母が三度目の脳梗塞の影響で意識障害を起こした時に

我が家に引き取り、付きっ切りで面倒をみていた事がある。

幸い一時的な意識障害だったので三ヶ月ほどで、一人暮らしに

戻れる程度には回復した。

その時に初めて介護保険の詳しい話を調べてみたのだけれど、

実際には一割の自己負担金を私には払えないなと思い、諦めた。

たかが数千円、されど数千円。

保護受給者の私にとっては簡単にポンと払える金額ではない。

私自身の痛い身体(線維筋痛症)に鞭打って母の面倒をみるのが三ヶ月で済んだのは、

本当に幸運だったと思う。

数年後、四度目の発作で母は寝たきりになり、四年の入院を経て天に召された。

 

話変わって、ある時、友人と電話で話していた時、

彼女のご両親の話になった。

彼女曰く、「介護保険て有難いよね。数千円で両親の面倒をみてもらえて、

本当に助かった」との事。

 

私は今、消費税以外の納税を免除してもらっているけど、

仕事をしていた時は、有無を言わさず介護保険料を給料から天引きされていた。

母は亡くなるまで年金から介護保険料を天引きされていた。

母は一度も介護保険を利用しなかったし、

おそらく私も利用する事はできないだろうと思う。

 

介護保険法改正で更に利用できない人が増えるんだろうな。

 

 

今日も私は生かされている・・・感謝

私が選挙に行く理由

昨日、弟夫婦と両親のお墓参りに行ってきた。

最近、人との会話に少々飢えている私にとって

お墓参りは寧ろ弟とおしゃべりを楽しむイベントになっている。

弟にとっても普段の愚痴をこぼすストレス発散になっているのかもしれない。

私にとっての弟の存在は、父亡き後の唯一頼れる存在だったりする。

 

そんな弟は、所謂昭和の高度成長期時代の王道のような人生を送っている。

お見合いで結婚した嫁は専業主婦。三人の子供を儲け、

三十代でマンションを購入し、職場でもそれなりの評価を受けている。

何より彼は仕事が大好きだ。

例えマンションのローンや子供達の教育費で自分のお小遣いが減ろうとも、

自分が家族を守っていると自負している。

そのくせ、留学中の娘が連れてきた青い目の彼氏と会うのを拒絶するとか。

所謂、保守的な頑固おやじである。

でも、彼は選挙に行ったことが無い。政治には全く興味が無いのだ。

 

だから私は弟に言った。

 

私は二十歳で選挙権を手にしてから唯の一度も自民党に入れたことは無い。

政治の事は良く解らないし、私の一票で世の中が変わるとは思わないし、

何より、信用できると思える政党も無い。

それでも毎回自民党以外の政党に投票するのは、

一党支配を許してはいけないと思うから。少なからず緊張感を持って欲しいから。

一党支配が癒着や格差を生むのは、昨今の安部政権を見ても火を見るより明らか。

だから、政治に興味の無い人はあみだくじで決めたっていいとさえ思う。

選挙に行かなければ-1だけど自民以外に投票すれば自民にとっては-2になる。

だから私は選挙に行く。

 

弟が私の話を聞いて選挙に行くかどうかはわからない。

 

 

今日も私は生かされている・・・感謝

 

ブログ再開します

約二年ほどパソコンから遠ざかっていましたが、いよいよ還暦を来年に控え、

ボケ防止と第二の人生に向けての準備としてブログを再開することにしました。

 

とは言え、二年もパソコンを弄ってないとすっかり操作方法を忘れていまして、

3時間ほど格闘して漸く今に至りました。とほほ・・・

 

さて、何故パソコンから遠のいたかといえば、タブレットを手に入れたからです。

ですが、タブレットで長文を書くのは結構シンドイ。

以前、ちきりん氏のブログで、生産する側にはパソコンは必需だが消費オンリーなら

タブレットで十分と書かれていたけれど、まったくそのとおりで、

買い物も情報収集もゲームもタブレットで事足りていたんです。

・・・が

ふと気づけばもうすぐ還暦っ!

このまま消費オンリーでいいのか自分?

還暦の看板背負って何かやりたいと考えていたんじゃないのか自分?

そんな訳で、生産はできないけどせめて発信はしていこうと思い至った訳です。

 

昨今、保護受給者がスマホタブレットを持つのは贅沢だぁぁぁ!等々

言われておりますが、お金が無いからこそスマホタブレットやパソコンは必需です。

外に出れば交通費が掛かります。飲食代が掛かります。

映画を観るのも、習い事をするのも、お友達と会うのもお金が掛かります。

でも、パソコンやスマホがあれば無料サービスが溢れています。

最低限の出費でそこそこ楽しい毎日を過ごしていけるんです。

 

 

今日も私は生かされています。感謝。