読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namapi's diary

生活保護受給者の赤裸々告白

なぜ生活保護受給者がパチンコをするのか

もう随分前の事になりますが、私がまだ仕事をしていた頃、

パチンコ屋に通っていた時期がありました。

その頃のパチンコ屋は景気が良く、

金銭的には随分助けられました。

数万単位の日銭を稼げるというのはとてもありがたかった。

仕事や子育てをしていると、突発的な出費がなにかとあります。

また、毎月の収入に増減が発生すると、

翌月の保護費に反映され、

貰いすぎた分を返還しなければならない時もしばしばあり、

そんな時はいつもパチンコの神様が助けてくれました。

やがてパチンコ屋もだんだんと不景気になり

私はパチンコをやめました。

見返りの無いパチンコに興味はありません。

今思えば、パチンコ屋の景気が良かった時期と

一番子育てにお金がかかる時期が重なっていたのは、

運が良かったのだと思います。

 

数年前に病気になり仕事をやめたとき、

暫くの間私は脱け殻のようでした。

一日中何もやることが無いというのはとても辛い事です。

そんな私を心配した友人が私にパソコンを譲ってくれました。

基本的な使い方も教えてくれました。

そのお陰で今私はこうして心穏やかに

毎日過ごす事ができています。

 

生活保護受給者とパチンコの関係が批判の的になっていますが、

おそらく彼等は何もやることが無い長い時間の辛さに

耐えられないのだと思います。

パチンコ屋に通えばそれなりのコミュニティーもできます。

最近のパチンコは少ない資金で遊べるらしいので、

私がパソコンに通信費をかけるのと同じように、

パチンコにお金と時間を費やしているのではないでしょうか。

 

もし、私が過去のパチンコ収入を申告しなかった事が

不正受給にあたると言われたとしても、

今は遠い昔の事なのでご容赦ください。

 

今日も私は生かされています。感謝。