読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namapi's diary

生活保護受給者の赤裸々告白

最後のセーフティーネット

生活保護は最後のセーフティーネットだとよく聞きます。

確かにその通りだと思うのですが

「最後」というのはどんな状況の事を指すのでしょうか?

 

私が保護受給を決めた一番の理由は

息子の心理状態の悪化でした。

そして両親への経済的な負担も有りました。

でも生死を分ける状況ではまだありませんでした。

犯罪を犯すほどの状況にもありませんでした。

子供達の存在を重荷に感じる事もありませんでした。

それはもしかしたら「最後」とは言えなかったかも知れません。

ですが、今でも良好な家族関係を保っていられるのは、

全てが破綻する前に保護受給を始めたからだと思っています。

甘えだと言われれば全くその通りです。

 

ただ、昨今の貧困による事件のニュース等を見ると、

ほんの少し余力の有る内に生活保護に救いを求めても、

いいのではないかと思うのです。

 

今日も私は生かされています。感謝。