読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namapi's diary

生活保護受給者の赤裸々告白

介護保険のお話

母が三度目の脳梗塞の影響で意識障害を起こした時に

我が家に引き取り、付きっ切りで面倒をみていた事がある。

幸い一時的な意識障害だったので三ヶ月ほどで、一人暮らしに

戻れる程度には回復した。

その時に初めて介護保険の詳しい話を調べてみたのだけれど、

実際には一割の自己負担金を私には払えないなと思い、諦めた。

たかが数千円、されど数千円。

保護受給者の私にとっては簡単にポンと払える金額ではない。

私自身の痛い身体(線維筋痛症)に鞭打って母の面倒をみるのが三ヶ月で済んだのは、

本当に幸運だったと思う。

数年後、四度目の発作で母は寝たきりになり、四年の入院を経て天に召された。

 

話変わって、ある時、友人と電話で話していた時、

彼女のご両親の話になった。

彼女曰く、「介護保険て有難いよね。数千円で両親の面倒をみてもらえて、

本当に助かった」との事。

 

私は今、消費税以外の納税を免除してもらっているけど、

仕事をしていた時は、有無を言わさず介護保険料を給料から天引きされていた。

母は亡くなるまで年金から介護保険料を天引きされていた。

母は一度も介護保険を利用しなかったし、

おそらく私も利用する事はできないだろうと思う。

 

介護保険法改正で更に利用できない人が増えるんだろうな。

 

 

今日も私は生かされている・・・感謝